甲状腺癌の仕事復帰はいつから?私が再発を予防している方法とは?

2011年1月に甲状腺乳頭がんの手術をしました。すでに5年経過していますが、特に問題なく元気です。甲状腺乳頭がんの手術を経験した私が、甲状腺癌について不安な方のために、治療方法や予後、妊娠出産、再発予防法を詳しくお伝えしています。

甲状腺癌で甲状腺を全摘出した場合の生存率は?

甲状腺癌で甲状腺を全摘出した場合の生存率は

どのぐらいなんでしょうか?

 

 

ここでは、甲状腺癌の90%を占める

甲状腺乳頭癌の場合の生存率で見ていきましょう。

 

 

甲状腺全摘でも乳頭癌の生存率を見ていけばいい

 

甲状腺乳頭癌での手術は悪性腫瘍がどこにあるかで

甲状腺をどのぐらい切除するかを決めます。

 

甲状腺の片側の場合もあるし、甲状腺を全摘出することもあれば

亜摘出するケースもあります。

 

 

甲状腺乳頭癌は大変予後の良い癌なので、

早期発見で生存率100%、比較的若い患者さん(45歳以下)

であれば10年生存率も95%ほどになります。

 

他の癌に比べて生命に危険性があまり及ばない癌なのです。

 

 

甲状腺を全摘出すると?

甲状腺を全摘出または亜摘出した場合は

甲状腺のホルモン薬を一生涯のみます。

 

 

代表的な薬はチラージンSですね。

 

これらのお薬を飲み、甲状腺ホルモンを安定化させます。

 

また、甲状腺を全摘出・亜摘出した方のみ、

腫瘍マーカーサイログロブリンの値を

 

半年から一年おきに調べます。

 

甲状腺を全摘出・亜摘出した方は甲状腺癌が

再発転移するとサイログロブリンの数値が急激に

 

上昇するためです。

 

 

しかし、たとえリンパ節に転移したとしても、

甲状腺乳頭癌と同じで生命に関わる可能性は低いです。