甲状腺癌の仕事復帰はいつから?私が再発を予防している方法とは?

2011年1月に甲状腺乳頭がんの手術をしました。すでに5年経過していますが、特に問題なく元気です。甲状腺乳頭がんの手術を経験した私が、甲状腺癌について不安な方のために、治療方法や予後、妊娠出産、再発予防法を詳しくお伝えしています。

甲状腺癌でも妊娠できるの?

私が甲状腺乳頭がんの宣告を受けたのが、

 

一人目の子供が3歳の時。

 

ちょうど二人目が欲しいと思っていた私には

 

とてもショックな出来事でした。

 

「もう、癌じゃあ私はダメなのかな…」

 

とか

 

「もう二人目はあきらめるしかないのかな…」

 

なんて、甲状腺癌と医師に言われた時にそう思いました。

 

 

しかし、担当の医者に聞いたり自分でインターネットで調べてみると

甲状腺乳頭癌で初期の段階で治療すれば生存率が100%という

 

情報を見ました。

 

手術を担当したお医者さんにもはっきりと、

 

「乳頭がんでは死なないので安心してください!」

 

と言い切られたことをおぼえています。

 

もちろん、癌であることに変わりはないので

100%安心、ということもなかったんですが、

 

そんなに心配し過ぎることもなかったようです。

 

甲状腺乳頭癌手術後の妊娠は半年後から。

f:id:testjyohohasshin:20160725141902j:plain

 

二人目を欲しかった私は、乳頭癌の術後に

いつから妊娠可能か担当医に尋ねました。

 

すると、

「落ち着いた半年後ぐらいから可能ですよ」と

 

説明してくれました。

 

 

結局、その数年後、二人目を無事に授かり、無事に出産しました。

 

 

そして、二人目の妊娠の時は、甲状腺癌の経験者だったので、

 

産婦人科と外科に同時にかかっていました。

 

 

これは、妊娠すると、甲状腺ホルモンを大量に胎児に

 

送るため、妊娠中は甲状腺ホルモンの値が低下しやすいからです。

 

私の場合は甲状腺ホルモン値がギリギリ正常値下限の中に

 

入っていたので、その時の外科の担当医の指示で

 

チラージンの服用もありませんでした。

 

 

このように、甲状腺疾患があると、妊娠は産婦人科のほかに

甲状腺を診察しながら妊娠期間を過ごします。

 

 

でも、甲状腺癌になってもきちんと治療すれば

妊娠出産は問題なく可能なので安心してほしいです。