甲状腺癌の仕事復帰はいつから?私が再発を予防している方法とは?

2011年1月に甲状腺乳頭がんの手術をしました。すでに5年経過していますが、特に問題なく元気です。甲状腺乳頭がんの手術を経験した私が、甲状腺癌について不安な方のために、治療方法や予後、妊娠出産、再発予防法を詳しくお伝えしています。

甲状腺癌になっても仕事はできるのか?

甲状腺癌や甲状腺の病気になると、

 

「仕事は続けられるのかな…」なんて

 

不安になりますよね?

 

 

私自身が約5年前、甲状腺乳頭癌の手術をしました。

 

今回は、甲状腺の病気になると、仕事は続けられるのか、

について自分の経験に基づきお話したいと思います。

 

 

甲状腺乳頭癌と仕事。

私は2011年1月に甲状腺乳頭癌で手術を行いました。

 

甲状腺の左側に悪性のしこりがあったため、

左側のみ左葉摘出手術となりました。

 

 

甲状腺の片側だけの摘出手術は、甲状腺癌の中でも

最も初期症状の部類です。

 

そして、手術の前に担当医からの説明があったんですが、

その時に仕事のことも聞きました。

 

すると、

「退院して抜糸をすれば日常生活に戻れるので

その頃から仕事はできますよ」

 

とのこと。

 

f:id:testjyohohasshin:20160725141019j:plain

 

私の場合、入院が一週間で、その一週間後に抜糸でした。

 

当時、パソコンでの事務のお仕事だったので、

抜糸後は通常通り仕事をしてました。

 

 

ただ、個人的な感想としては、甲状腺癌の手術を受けたばかりの頃は、

傷口が引きつれるような感覚があって、首を動かすのが

 

怖かった記憶があります。

 

もちろん、手術でしっかりと縫合してあるので

傷口が裂けることはありません。

 

しかし、乳頭癌の切除手術を実際に経験した感想では、

手術後すぐは傷口が開きそう!

 

そんな感覚でいました。

 

また、感じたのは、保育士さんや教師、介護士さん、

身体を使うお仕事は、甲状腺癌の手術後はしっかり

お休みしたほうがいいと思います。

 

首の傷がしっかりくっつくのが数か月後なので、

手術の後すぐはまるでフランケン状態です。

 

傷が化膿してもいけませんし、労働の強度が強い職種の方は

いつから仕事をはじめていいのか担当医にしっかり相談

 

したほうがいいと思います。