甲状腺癌の仕事復帰はいつから?私が再発を予防している方法とは?

2011年1月に甲状腺乳頭がんの手術をしました。すでに5年経過していますが、特に問題なく元気です。甲状腺乳頭がんの手術を経験した私が、甲状腺癌について不安な方のために、治療方法や予後、妊娠出産、再発予防法を詳しくお伝えしています。

甲状腺癌は何科を受診すればいい?

甲状腺癌は何科で受診すればいいんでしょうか?

 

それは、

 

内科・内分泌科・甲状腺科です。

 

手術は甲状腺科、耳鼻咽喉科、外科で

 

行うことが多いです。

 

 

私は、たまたま地域の小さな病院の内科にかかった時に

甲状腺が腫れていることを発見されました。

 

血液検査の結果、甲状腺亢進症気味(バセドウ病)と

わかり、さらにエコー検査もしてみましょう。

 

と言われたので指摘されるがままエコー検査を受けることに。

 

 

すると、エコー検査で甲状腺に「しこり」があることがわかり、

さらに進んだ検査、細胞診を受けることにしたんです。

 

 

細胞診は針をしこりに刺して細胞を採取します。

 

その後、外部機関に細胞を出して分析してもらいます。

 

その結果悪性腫瘍=甲状腺癌 だということがわかりました。

 

 

甲状腺癌、甲状腺の異常は甲状腺専門病院が一番!

甲状腺の病気には、さまざまな種類があります。

 

甲状腺癌、バセドウ病、橋本病などです。

 

どれも、重度まで進行していなければ

自覚症状に乏しいのが甲状腺の病気。

 

健康診断などで偶然に発見されたケースも

 

よくあることです。

 

しかし、どの症状も、軽症のうちに治療しておくべきです。

 

甲状腺癌は進行すると術後も生涯薬を服用しなければ

いけなくなりますし、

 

バセドウ病は妊娠中にリスク高になります。

 

橋本病も妊娠しづらい身体になりますし、

橋本病が進行すると甲状腺癌になりやすいと考えられています。

 

 

こういった不安のある方は最初から甲状腺専門病院に

行くことをおすすめします。

 

どうしてかというと、一般的な血液検査では甲状腺ホルモンの項目が

ないし、甲状腺専門医でないと、触診をしても甲状腺

 

異常がなかなか発見できないからです。

 

逆に、甲状腺専門医であれば、甲状腺を触診しただけで

橋本病だ、バセドウ病だ、と一瞬でわかるものです。

 

 

甲状腺で心配なことがあれば、一度甲状腺専門病院で

診てもらいましょう。